January 2017

私が利用した健康食品は、私の性格上、少々家が散らかってても気にしないのですが、さすがに数年開かずの間になっている和室は何とかしなければと思っていました。 12月の初旬に体調を崩した私でしたが、その間に主人が和室を片付けてくれたのです。久しぶりに見る綺麗な和室。人が来ても泊まれる和室。 中旬には体調も回復し、年末大掃除をしたのですが、勿論和室も大掃除。体調を崩した事は本当に苦しかったのですが、和室が綺麗になったので私にとっては結果オーライ。 主人に感謝しながらも、今の状態を保つように頑張ろうと思った年末です。主人が片付けてくれて本当に嬉しかったです。綺麗って最高。 健康食品を利用してみて、小学5年生の息子君。長期・中期の休みが来ると、宿題を後回しにするタイプ。でも昨年の夏休みに後回しにした事で、大変な事になったので、今回の冬休みにはさすがに宿題を先にやるだろうと思ってみていました。ところが、全くやる気配がない。夏休みに苦労したでしょ!と話をしても「一切記憶にございません」と言い切る。いやいや、そうじゃないでしょーと見ている私がイライラ全開。書初めや応募作品の絵なんて結構時間かかるだろうにと伝えても「大丈夫」としか言わない息子。何なんだその自信は。私は一切手伝わないわよ!もう頼むから正月早々怒鳴らせないでよーと心の中で思いながら、今も雷を落としている真っ最中。無事宿題が終わりますように。やれやれ。 引用:ニキビ跡エクラシャルム

まさか蓄膿症(副鼻腔炎)? 鼻炎と思っていたらなかなか治らず蓄膿症になっていたなんて人は多いのではないでしょうか。 副鼻腔炎が慢性化したものを蓄膿症と呼びますが、風邪などの菌による副鼻腔炎の他にアレルギーなどの鼻炎や虫歯から副鼻腔炎となる人も多いです。 一般的に鼻炎などとは区別しにくいので、放っておいて悪化し慢性化してしまったという ケースがほとんどです。 他にも虫歯を放っておいていつの間にか慢性化していたこともあるので注意しましょう。 慢性化してしまうと副鼻腔の中には膿がたまってしまいます。 副鼻腔は顔面化にいくつもの空洞を持っている為、膿はあちこちにたまっているということになります。放置しておいても排出するものではありませんので、膿はどんどんたまり続け、ついにはポリープやぜんそく、中耳炎などの合併症を引き起こします。 また慢性化して悪化してくると常に鼻が詰まり、鼻水が出て、頭痛があり、集中力も無くなります。 このような状態を鼻性集中力不能症といいます。 ここまでくると薬治療では治せず、手術となってしまいます。 こうなってしまう前に早めに治療をするようにしましょう。 では、副鼻腔炎の症状とはどんなものがあるのでしょうか。 鼻づまり、大量の鼻水、鼻の違和感を感じたら副鼻腔炎を疑いましょう。 また、慢性になってくると粘膜が炎症し続けているので鼻水に膿が混じってきます。 膿は悪臭があり、のどを落ちることもあります。ここまでくると自然治癒はありませんのでどんどん悪化していきます。 こうなる前にかならず専門医へ受診しましょう。